08,2017 淡水性シギのホットスポット 愛知西部 田園エリアを行く 2017.10.8 READ MORE

 25,2017 生き物の楽園 奄美大島 とある海岸線を行く 2017.9.22 ② READ MORE

 24,2017 生き物の楽園 奄美大島 とある海岸線を行く 2017.9.22 ① READ MORE

 23,2017 水鳥のホットスポット 三角池を行く 2017.9.21 READ MORE

 22,2017 南ぬ島石垣 夕刻の平田原水田を行く 2017.9.20 READ MORE

 18,2017 エリマキシギ を求めて とある田園エリアを行く 2017.9.18 READ MORE

 13,2017 日本一のシギチ飛来地 憧れの大授搦を行く 2017.9.10 ③ READ MORE

 12,2017 日本一のシギチ飛来地 憧れの大授搦を行く 2017.9.9 ② READ MORE

 11,2017 日本一のシギチ飛来地 憧れの大授搦を行く 2017.9.9 ① READ MORE

淡水性シギのホットスポット 愛知西部 田園エリアを行く 2017.10.8

久しぶりのバードウォチングはなにかと賑わうと田園エリアへポイントに近づくにつれ朝霧が一帯を包むバードウォチングには厳しい状況だが、その分フォトジェニックな画が撮れそう…今季 初見の モズ はちょうど蛙をはやにえ中モズ目撃情報のあった ツルシギ は近距離ながら逆光サイドそれでもシルエットがカッコイイ…ツルシギなんとか順光サイドにいてくれたのは 3羽の セイタガシギ霧が晴れるのを待ちつつ広い農道に車を停めてコン...

生き物の楽園 奄美大島 とある海岸線を行く 2017.9.22 ②

ペンションに戻る前に最後のチェックをと、小さな河口で遮られた対岸をファインダー越しに捜索すると…遠くに白黒の鳥影を発見?!最初は カモメの仲間かと思ったが、長い脚と細く曲がった嘴が目に付いた…まさかまさかの Avocet has come!!国内では稀な旅鳥とされる ソリハシセイタカシギ (通称:アボセット)2014年冬 三重に1羽が飛来したときは数十人のバーダーさんがその姿を一目見ようと集結そんな アボセット と1on1 でじ...

生き物の楽園 奄美大島 とある海岸線を行く 2017.9.22 ①

奄美大島に到着したときは日差しもあったのだが、その後 天候が一転スコールのような雷雨にたびたび見舞われたそれでもなんとか当初の予定よりもミッションをこなせて、翌朝は10:00くらいまで自由時間を確保出張最終日となるこの日の朝も 7:30にペンションを発って、目の前に広がる美しいビーチを散歩ビーチ一帯に咲き誇る グンバイヒルガオ の花少し歩くとしだいに岩場が増えてきた綺麗な囀りの主は イソヒヨドリ たちイソヒヨ...

水鳥のホットスポット 三角池を行く 2017.9.21

南西諸島出張 2日目の朝はトランジット目的の沖縄本島で迎えたこの日、与えられた自由時間は約2時間空港近くのホテルを6:30に出て三角池まで意気揚々と片道30分の早朝散歩三角池を訪れるのは5年半ぶり歩道から池をみおろせば、一見して50羽以上のシギチの影がみえるただ朝日が強烈な逆光となって識別は困難鳥たちとの距離が遠くなるのは承知で順光サイドに廻り込む池の中央で就寝中の混群メインは アオアシシギ と アカアシシギ ...

南ぬ島石垣 夕刻の平田原水田を行く 2017.9.20

3年半振りの南西諸島出張最初に訪れた石垣島は日帰りの強攻スケジュール17:00前に仕事を終えて、帰りのフライトまでに残された時間は僅かに数十分石垣市内に近い淡水性シギのメッカ 平田原水田を捜索ちょうど3期作目の田植えが済んだ頃か水が張った水田にシギチの影が多数優勢なのは ヒバリシギ と トウネン などの小型シギヒバリシギ 幼鳥トウネン 幼鳥中型シギチの陰もちらほらムナグロ 幼鳥ハマシギ 第一回冬羽に換羽中そ...

エリマキシギ を求めて とある田園エリアを行く 2017.9.18

台風一過となった祝日の朝数週間前から エリマキシギ の小群が来ていると聞いていたものの昨晩の台風が連れて行ってしまったかも…その代わりに アカエリヒレアシシギ あたりが迷い込んでいるかも…などといろいろと思いを巡らせながら、いくつかの田園エリアを捜索すると、とある水田の脇に4台の車が並んで停車窓から除く望遠レンズからバーダーさんの車であることが確定…あそこに何かいるっ!しかし行き違いも厳しそうな狭い農道だ...

日本一のシギチ飛来地 憧れの大授搦を行く 2017.9.10 ③

遠征2日目は夜明けの刻 5時過ぎに干潟よか公園へ到着まだ薄暗く干潮時刻近くとあって、鳥たちは遥か遥か沖それでも一時 オオソリハシシギ が目視できる距離まで近づいて来てくれて雰囲気ある画を撮らせてくれた沖の方では有明海特有の潟スキーに乗った漁師たちが行ったり来たりここでもシギチたちは自らに関心のない人影には寛容な様子シギチの大群に囲まれながらのお仕事一瞬でいいから入れ替わりたい…日が徐々に高くなって一帯が...

日本一のシギチ飛来地 憧れの大授搦を行く 2017.9.9 ②

後背地の蓮田エリアにも淡水性シギが点在なかでも タカブシギ が多めタカブシギ捜索中に出会った一見カラスのようなこの鳥佐賀県の県鳥としても知られる カササギ とのこと興味範囲外だが、なんでも佐賀県下しか会えない鳥らしくド逆光ながら数枚撮っておいたカササギ他には ヒバリシギ、セイタカシギ に トウネン、コチドリ、タシギ など…ヒバリシギセイタカシギウズラシギ ヒバリシギ最後に立ち寄った蓮田にはすでに多くのバー...

日本一のシギチ飛来地 憧れの大授搦を行く 2017.9.9 ①

シギチファンなら ‘死ぬまでに一度は行っとけ大授搦’有明海の最奥部にあたる大授搦は、広大な有明海で最後まで干潟が残りかつ最初に干潟が現れるポイントシーズンには10,000羽近くのシギチが集う、日本一のシギチ飛来地だただフライト遅延のため現地に到着したのは満潮時刻近くすでに干潟は水没し、柵の内側まで潮が押し寄せていた…一見してシギチの数も少ないトビハゼ がすぐ近くで石の上で押し寄せる潮から避難中トビハゼ聞けば...