アオシギ を求めて 瀬戸 海上の森 ~ 岩屋堂公園 を行く 2017.2.24






2月に入ってから仕事や旅行でなにかと忙しく…


今日は代休をとって3週間ぶりのバードウォチング





この貴重な休日を有意義なものにするために、何日も前からどこに行こうか散々悩んだ末


ターゲットをまだ見ぬ アオシギ に定めて前夜に野鳥の会HPで情報取集


するともう何年も前の記録だが隣町でも2ヵ所で何度か目撃情報があるらしい










最初のポイントは 海上の森


愛知では有名な探鳥地として知られるが


2年前に初めて訪れた時はほぼボウズ状態の苦い思い出がある地





あわよくば ヤマシギ なんかにも…と期待に胸を膨らませながら


前日の雨でぬかるんだ山道を意気揚々と進む





170224 (1)





山道と並行して流れる小さな沢からは、いかにも アオシギ が好みそうな雰囲気が漂う


水際や岩陰を丹念にチェックしながらゆっくりと上流の方へ足を進める





そして、なんの成果もないまま沢の水源である池に到着………してしまった…





170224 (2)





帰り道 2年前と同じ看板を見つけ、あの時と同じ気持ちがよみがえる


『NO FLASH NO SHOUT』 の前に未だ NO BIRD なんですけど…





170224 (3)





海上の森とはどうも相性がよくないようだ










気を取り直して2番目のポイント 岩屋堂公園 に到着


かつては毎年のように アオシギ が確認されたらしいが、ここ数年の目撃情報はなし





でも僅かな可能性にかけてがんばる


本流から小さな支流まで自分なりにローラー作戦発動





170224 (4)





本流の上流付近で ルリビタキ と対峙しているご夫婦バーダーさんと遭遇


しかし私の視線は川に集中…軽く会釈して ルリビタキ はあえてのスルー





遊歩道の折り返し地点 瀬戸大滝 の近くで出会った キセキレイ


近距離 順光の好条件…思わずシャッターを押してしまった





170224 (6)










170224 (7)
キセキレイ










本流から支流へと辿り 暁明ケ滝まで


滝つぼの美しい虹を数枚パシリ





170224 (8)





すると突然 背後から囀りが聞こえた


視線を向けると対岸に黒っぽい小鳥を発見!


反射的にシャッターを切るもすぐに森の中へと飛び去ってしまった


早速 モニターで鳥の種を確認したところ、見事なまでのブレ写真…


滝の撮影のためISOを落としていたままだった…痛恨のミス





その鳥影は…もしかして ミソサザイ だった?





170224 (9)
ミソサザイ(?)










最後に駐車場で遭遇した アトリ の群れ





170224 (5)
アトリ










最終的には アオシギ がターゲットであることもすっかり忘れ小鳥を撮って喜んでる始末





擬態が上手く上級者でも見つけることが難しいとされる アオシギ


やはり アオシギ は手強い


この様子では ヤマシギ なんて夢のまた夢か









関連記事

Tag: 野鳥

Comment 2

2017.02.24
Fri
21:44

研究開発部長  

ミソサザイですね!可愛いです。アオシギ、ヤマシギ、どちらが先に出会うか?或いは一緒に??楽しみはつきませんね!

2017/02/24 (Fri) 21:44 | EDIT | REPLY |   
2017.02.25
Sat
14:08

jm1999  

研究開発部長 さん こんにちは。

やはり ミソサザイ ですよね!
初めて会いました!!

アオシギ は他の方の写真を見る限り、山中の渓流というよりは公園内の小川や農村の水路なんかでの目撃情報が多いような…
ちょっと捜索の方向性を変更しなきゃいけないかもです。

ヤマシギ は日中に会うのはまず無理?
でも真夜中の公園や山なんか私には絶対無理です。

2017/02/25 (Sat) 14:08 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment