春を告げる旅鳥 シマアジを求めて 愛知西部エリアを行く 2017.4.8






春に少数が日本に飛来するレアカモ シマアジ の飛来情報を得て


早朝 霧雨のなか自宅を発つ


多数のカモのなかから識別できるか不安だったが、杞憂に終わる





ポイントの少し手前で車と並走にするように飛んでいたカモの小群にふと目を向けると、


そのなかに特徴的な白い眉斑があるカモを発見!





あわてて路肩に車を止め、上空の群れを目で追っていると池の際あたりでUターンして後方にランディング


着水地点あたりまでゆっくり車をバックさせて捜索開始…


幸運にもほどなくして再会が叶った!





170408 (1)





過去何度か出会うチャンスがあったものの、実際に目にしたのは今回が初めて


春を告げる旅鳥  シックで美しい シマアジ の♂個体





170408 (2)





いつの間にか雨は上がったようだが、曇天残念





170408 (3)
シマアジ ♂ 生殖羽










♂個体のすぐそばで♀個体も発見!


寝るときも移動するときも…常に寄り添う仲睦まじいペア





170408 (4)
シマアジ ♀ 生殖羽










30分くらい対峙できたか…


でも実際はほとんどの時間 顔をうずめて寝ていたため、シャッターチャンスは多くなく終始 根競べの様相





170408 (5)










170408 (7)





周りにバーダーが一人また一人増えるにつれ、2羽が警戒し始めたかなと思った瞬間


水面採餌タイプのカモらしく ノーモーションであっという間に飛び立ってしまった





170408 (8)










まだバードウォチングを始めたばかりの頃


松阪にて親切なバーダーさんに『隣の池のすぐ近くに シマアジ がいたよ』と教えてもらったのに


魚類のシマアジ(?)かと思って、大人の愛想笑いでかわした


後日 美しいレアなカモだと分かって激しく後悔…そんな苦い思い出のあった シマアジ


その時の無念を今日やっと晴らすことができた!










それにしても シマアジ ♂個体は噂にたがわぬ美しいカモだった


一方 ♀個体はペアで行動していなければ識別できる自信はない…









関連記事

Tag: シギチ

Comment 0

Leave a comment