オガワコマドリ & コオリガモ を求めて とある河川敷 ~ 藤前干潟を行く 2017.4.16






市内に飛来してから140日ほどが経過した オガワコマドリ


すっかり夏羽に変わったとの話を聞いて、3ヶ月半ぶりに訪問





ポイントに着くと20人近くバーダさんがなにやら皆さん興奮気味


聞けば私が到着する20分ほど前、満開の桜の木に数分間止まっていたらしい


ううっ…残念…





それでも今日は愛想がよさそうで、その後も何度か美しい姿を見せてくれる


ただし毎度のごとく舞台は泥やゴミの上





170416 (1)










170416 (2)





冬羽のときよりも胸のブルーとオレンジ色の羽が長く伸びてコントラストもかなり強い


また喉から頸にかけて完全にブルーに染まり、長い髭のような羽もみえる





170416 (3)










170416 (4)
オガワコマドリ ♂ 夏羽










桜の木…とまではいかないが、一度だけ枯れ木に止まって美しい囀りを聞かせてくれた





オガワコマドリ はもういつ抜けてもおかしくない…


その前に夏羽がみれてよかった





170416 (5)










オガワコマドリ に別れを告げ、シギチとレアなカモを求めて藤前干潟へ





干潮時刻の3時間前


堤防沿いに干潟は現れているものの、シギチの姿は コアオアシシギ 1羽だけ





三脚担いで川上の方へと歩くと遠くに シマアジ のペアを発見!


これを自力で発見できたのは結構うれしい


しかも シマアジ とは2週連続の出会い…ただ今回はあまりに遠い…





170416 (6)
シマアジ










そこで会ったバーダーさんに 話題のカモの居場所を教えてもらって河口サイドへ移動


ポイントに着くとすでに数名のバーダーさんが撮影中





はじめて出会う コオリガモ ♀個体





170416 (7)





泳ぎはとてもスムーズで得意そうにみえたが


一転 干潟に上がると短い脚でヨチヨチ歩き


まるでペンギンみたいだ!





170416 (8)





藤前干潟では昨年11月に記録上はじめて確認されたという


この地方ではとても珍しいカモなのだが…いかんせん♀個体は地味


もしこれが美しい♂の成鳥冬羽個体だったら、きっと オガワコマドリ 以上のフィーバーだっただろう





170416 (10)





活発に動くタイプではないようで、堤防に三脚立てて動きがあるのを待ちつつ


合間にベテランバーダーの方々からたくさんのお話を聞かせていただいた


それは コオリガモ 以上に貴重で楽しい時間だった





170416 (9)










170416 (11)
コオリガモ ♀ 夏羽に換羽中(?)









夏羽の オガワコマドリ に レア種 コオリガモ 、そして親切なベテランバーダーさんたちに出会えた充実の1日










しかし、そういえば藤前干潟にシギチは全然いなかったような…










関連記事

Tag: 野鳥

Comment 2

2017.04.19
Wed
17:02

onorinbeck  

わーーー!
こんな綺麗な野鳥あるんや!
見てみたいですわーー。
ルリビタキどころじゃありませんねー。

2017/04/19 (Wed) 17:02 | REPLY |   
2017.04.20
Thu
07:39

jm1999  

onorinbeck さん おはようございます。

昨年11月末に突如 街中の川に現れた オガワコマドリ。
私自身も未だその希少性にピンときませんが、5か月ほどが経過しても20人強のバーダーを引き寄せるわけですから…すごいですね。
当日私の隣にいた方は、発見されてから140日間 雨の日も風の日も毎日来てると仰っていました!

今冬 愛知のバーダーさんの話題をかっさらた存在。
でももうすぐ旅立ってしまうみたいです…

2017/04/20 (Thu) 07:39 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment