三重県下屈指のシギチ飛来地 雲出川河口エリアを行く 2017.5.4&5






三重北部エリアを捜索した後は、雲出川河口エリアに到着







海岸にはマリンレジャーや潮干狩りの方々がたくさん


しかし、いつもの如くシギチたちは自分たちに興味のない人影には寛容


人影とは一定の距離を保ちつつ、共存するように食事中





170505 (18)
ミヤコドリ










170505 (19)
オオソリハシシギ ♀ 夏羽










河口に出現した干潟に降りると遠くの水際に 小型シギの群れを発見!


ミユビシギ の群れのなかに数羽の ハマシギ





しかも、そのすぐそばでファミリーが潮干狩り中!





170505 (20)





彼らに紛れるようにして近づけば大丈夫かも…と大きく廻り込んで慎重に距離を詰めようとしたところ


あっという間に飛ばれた…まだ潮干狩りファミリーの遥か後ろになのに





170505 (21)
ミユビシギ










薄暗くなりはじめたので、足早に一帯を捜索





最後に今季 初確認の ソリハシシギ と出会えた


ソリハシシギ は春の渡りが最も遅い種のひとつ


春のシーズンが後半戦に突入しつつあることを実感して帰路に就く





170505 (22)
ソリハシシギ










翌朝 大先輩バーダー 部長さん & ハギマシコさんと 待ち合わせて雲出川河口エリアを再訪





さっそく今日のターゲットのひとつ


夏羽纏う オオハシシギ が1羽残っていてくれた





170505 (23)
オオハシシギ 夏羽










同じポイントで夏羽の ツルシギ が7羽





170505 (26)
ツルシギ ♂ 夏羽










寄り添うように泳ぐ(?)2羽はペアなのだろう


ハンドブックによると同じ夏羽でも♀個体は白色部が多いとのこと





170505 (27)
ツルシギ ♂ 夏羽 / ♀ 夏羽










砂浜に小型シギの影はなく、シロチドリ が数羽のみ





お二人は浜辺に打ち寄せられた カンムリカイツブリ の死骸を興味深く観察されていた


私は基本この手のものはスルーだが、確かに繊細で緻密な体羽は間近で見ると美しい





170505 (24)










河口を飛翔する ミヤコドリ とそれを見つめる チュウシャクシギ





170505 (25)
ミヤコドリ / チュウシャクシギ










別の河口に出現した干潟には多くのシギが集まっていた





170505 (28)
ハマシギ / アオアシシギ / キアシシギ / オオソリハシシギ / ホウロクシギ / チュウシャクシギ / ミヤコドリ










混群の飛翔シーンはカッコいい!





170505 (29)










さらに別の干潟では ハマシギ、キアシシギ の大きな群れ





170505 (33)










群れなかに5羽の ウズラシギ が混じっているようだ


これで ウズラシギ との出会いは3日連続…今までほとんど縁がなかったのに…





しかし、いつもながらこれを発見する ハギマシコ さんの眼力はスゴイ!





170505 (30)
ウズラシギ / ハマシギ / キアシシギ










ここでは今日のもうひとつのターゲット


大型シギの ダイシャクシギ、ホウロクシギ が揃い踏み





170505 (31)
ホウロクシギ










最初は距離があって ホウロクシギ かと思ったが


徐々に近づいて来るにつれ識別ポイントである白いお腹や腰を見せてくれた





170505 (32)
ダイシャクシギ










5/5に出会えたのは


ケリ、ダイゼン、シロチドリ、キョウジョシギ、ウズラシギ、ハマシギ、ミユビシギ、オオハシシギ
ツルシギ、コアオアシシギ、アオアシシギ、キアシシギ、ソリハシシギ、オオソリハシシギ
ダイシャクシギ、ホウロクシギ、チュウシャクシギ、セイタカシギ、ミヤコドリ の19種





先週末からの成果と合わせれば


ムナグロ、メダイチドリ、コチドリ、トウネン、オジロトウネン、クサシギ、タカブシギ
メリケンキアシシギ、イソシギ、オグロシギ、タシギ


の11種を加えて5日間でちょうど30種!





しかし、探し求める夏羽の サルハマシギ & コオバシギ には未だ会えず…










部長さん & ハギマシコさん 遠いところお付き合いいただき、ありがとうございました。










関連記事

Tag: シギチ

Comment 0

Leave a comment