常春の国は野鳥の宝庫  渥美半島を行く 2017.5.18






今日は振休とって早朝から渥美半島へ


狙いは メリケンキアシシギ との再会と、サルハマ、コオバ、オオメダイ あたりの夏羽個体!





まずは先月末に メリケンキアシシギ と出会ったポイント


しかし一帯に鳥影はなく、堤防でしばし待機





海岸線にはミネラル補給のためか数種の大きな蝶が飛び交う…


時間つぶしに近くにとまった アゲハチョウ をパチリ





170518 (1)










少し沖には数羽の鵜の姿


もしかして ヒメウ?





170518 (2)










170518 (3)
ヒメウ(?)










1時間半くらい経ってようやく現れてくれた1羽のシギは…


どうみても キアシシギ …残念





170518 (4)
キアシシギ










干潟へとポイントを移すも、確認できるのは キアシシギ と チュウシャクシギ ばかり





170518 (5)










170518 (6)
キアシシギ / チュウシャクシギ










別の大きな干潟では ダイゼン、ハマシギ くらい


数も少ない…





170518 (7)










170518 (11)










170518 (10)










170518 (12)
ダイゼン / ハマシギ










ダイゼン の夏羽はなかなか目が出ないのだけど、順光近距離でなんとかとらえた


想像以上に大きな目だ





170518 (9)










170518 (8)
ダイゼン 夏羽










小さな河口にて キアシシギ の群れのなかに ソリハシシギ が1羽





170518 (13)
ソリハシシギ










各ポイントで結構粘ったにもかかわらず鳥果はイマイチ


春の渡りももう終盤なのか…


それでも渡りの遅い メリケンキアシシギ との再会は叶うと思っていたのに


バードウォッチングはままならない










関連記事

Tag: シギチ

Comment 0

Leave a comment