火の鳥 アカショウビン を求めて 滋賀北部エリアを行く 2017.5.28






滋賀遠征のメインイベントは 憧れの アカショウビン の探鳥


私にとって アカショウビン なんて夢のまた夢だと思っていたが、このポイントは毎年 観察記録があるらしい





本州で出会える カワセミ科の鳥は カワセミ、ヤマセミ、アカショウビン の3種


なかでも アカショウビン は留鳥で水辺を好む他2種とは違い、深い広葉樹林を好む夏鳥


出会える機会は極端に少ない





今回は アカショウビン のためなら苦手な山中捜索もいとわない覚悟





170528 (19)





山道の入口で咲き乱れる美しい タニウツギ の花





170528 (20)





暗い山中を進むと荒れ果てた山寺までたどり着いた





170528 (22)










170528 (21)







さらに進むと池を中心に少し開けた場所に…ここが アカショウビン のポイントのようだ





雰囲気満点!





池には モロコ の仲間と思われる小魚の群れや モリアオガエル たち





170528 (26)





周囲からは オオルリ、アオゲラ、ヨタカ、アオバト など…魅力的な鳥たちの囀りが聞こえる…しかし 姿は見えず





それでも クロツグミ、キビタキ との出会いはよかった





170528 (23)
クロツグミ










170528 (24)
キビタキ










街中でも出会える ヒヨドリ も沢で水浴びしてると、普段とは違って見えて不思議





170528 (25)
ヒヨドリ










しかし 4時間ほど山中を捜索するも アカショウビン の姿はおろかその特徴的な囀りを聞くことも叶わなかった…





170528 (27)





ベテランバーダーさんでも滅多にお目にかかれないという アカショウビン


さすがに分不相応、ビギナーズラックだけでは叶わない出会いだったか










シギチ 春の飛来シーズンもアッという間に終わってしまった


今回の探鳥会で刺激を受けて、6-7月は地元で夏鳥でも狙ってみようと意気込んでみたり…









関連記事

Tag: 野鳥

Comment 0

Leave a comment