渓流の狩人 ヤマセミ を求めて 西三河のとある上流エリア を行く 2017.6.11






いつものポイントで早々に発見!


頬から胸にかけてオレンジ色に染まる…♂個体のようだ





170611 (5)
ヤマセミ ♂










その後 飛び立った姿を目で追えば、同じ枝にもう1羽!!





最初はペアかとも思ったが、左側の個体は脇がオレンジ色に見える…幼鳥なのかも





170611 (2)





となると親子の可能性大





170611 (3)
ヤマセミ 幼鳥 / ヤマセミ ♂ 成鳥










50mほど離れた対岸から2時間ほど観察





その間 二度 父親は飛び去って


残された幼鳥は親鳥の戻りをじっと待つ…たまに親を呼んでいるのか‘ケッケッ’と甲高く鳴いたりもする





170611 (4)










30分もすると下流の方から白い弾丸の如く父親が飛来





170611 (6)










170611 (7)










170611 (8)










幼鳥へ給餌する姿まで見ることはできなかったが





170611 (9)





2羽が揃うと互いが盛んに鳴いて、その特徴的な鳴き声が周囲に響き渡る





実に印象的な光景だった





170611 (10)










そしてまた再び父親は何処へと飛び去ってしまうのであった





170611 (12)










ヤマセミ の卵数は4-7個らしいから、まだこの辺りに兄弟たちがいるのかもしれない


あと母親も…










関連記事

Tag: 野鳥

Comment 2

2017.06.12
Mon
06:53

まつ  

昨日の日曜日ですか?
そうだとしたら、あの中にいたのかな。
昨日は5時前に通った時に4台帰宅時の10時位に通った時に7台居たかな。
迷彩服に身を包んだ方が3名ほど道沿いでしゃべってるのを見ながら帰りましたが。
ココ1か月ほどよく車が止まってましたが親子が見られるんですね。
でも作業着じゃ敷居が高くて寄れないな。笑

2017/06/12 (Mon) 06:53 | REPLY |   
2017.06.12
Mon
20:18

jm1999  

まつ さん こんばんは。

私は6時過ぎ~9時前くらいでしたから、ニアミスでしたね。

>でも作業着じゃ敷居が高くて寄れないな。笑

私もメインのポイントで鳥見したのは先客がいなかったときの1度しかありません。
実は1月に行ったとき、後から来たとあるバーダーさんに私のダウンジャケットの色が派手だ!って注意されたことがあって、それ以来あの場所を避けてます。
でその後 少し落ち込みながら1人場所を移ったところ、奇跡的な超近距離での出会い!!
以後は今回のポイントで一人でじっくりのんびり ヤマセミを待つのがマイスタイルです。

ちなみに日曜日の私の恰好は Tシャツ&短パン…これでは私も近寄れないです。

2017/06/12 (Mon) 20:18 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment