三重県下屈指のシギチ飛来地 雲出川河口エリアを行く 2017.9.3






2日連続でプチ遠征


今日はマイフィールドの雲出川河口エリアへ出向く





沖へと細く伸びた瀬に ミヤコドリ の群れと ダイシャクシギ、ホウロクシギ が1羽ずつ


朝日に照らされた混群と漁船…なかなかフォトジェニックなシーン





170903 (1)





しかし漁船が通り過ぎると…





170903 (2)










飛び去った群れは対岸にランディング


逆光気味だがこちらも画になる





170903 (3)





砂浜には数羽の小型シギ


2羽の メダイチドリ に ミユビシギ が1羽


そして気になる トウネン が1羽…


ヨロネン かどうかじっくり観察したかったが、少し目を離した隙に飛び去ってしまったようだ…残念





170903 (4)





いつもの池まで車を進めるも、一見してシギチの姿はなく


なんとも寂しい…





低空飛行で目の前を飛翔する ハヤブサ のせいだろうか





170903 (5)
ハヤブサ










ハヤブサ が去ると葦原から、コチドリ、ハマシギ、アオアシシギ、キアシシギ、タカブシギ たちが姿を表し


そして最後は真打ち キリアイ も登場してくれた





170903 (6)





一時 近くに飛んで来てくれて感動!!


曇天が残念だが キリアイ 史上もっとも近い出会い





170903 (7)





三列風切にオレンジ色の羽…夏羽が残っているから、観察しているときは成鳥かと思っていた


しかし家に戻ってからハンドブックを改めて見直してみると、幼鳥もオレンジ色とのこと





170903 (8)





やはりこの個体も幼鳥なのだろうか…





170903 (9)
キリアイ 幼鳥(?)










別の大きな干潟まで移動すると、ダイゼン & ハマシギ の大きな群れに オオソリハシシギ が3羽


今秋 オオソリハシシギ で狙っていたことがひとつ





170903 (14)





すぐにそのチャンスがやって来た


カラス にチョッカイをかけられた1羽がたまらず飛翔





おおっ! 背から腰かけてが白い!!


間違いない オオソリハシシギ の亜種のひとつ コシジロオオソリハシシギ だ!





170903 (10)





ハンドブックによると オオソリハシシギ は5種の亜種が分けられるらしいが


白い腰に斑模様が点在 シベリアで繁殖する menzbieri 種だろうか…





170903 (11)










170903 (12)
コシジロオオソリハシシギ










最後は キリアイ のポイントを再訪


朝よりも光条件はよいが、肝心の キリアイ は葦原の陰





170903 (13)










今回 出会えたのは


ケリ、ダイゼン、メダイチドリ、シロチドリ、キョウジョシギ、ヨーロッパトウネン or トウネン、キリアイ、ハマシギ、ミユビシギ

アオアシシギ、タカブシギ、キアシシギ、イソシギ、ソリハシシギ、オオソリハシシギ、ダイシャクシギ、ホウロクシギ

チュウシャクシギ、セイタカシギ、ミヤコドリ の20種


個体数は決して多くはないものの20種のシギチに会えたのはよかった










そしていよいよ今週末は憧れのシギチ聖地へ


構想半年の遠征プラン


ついにその日がやってくる…









関連記事

Tag: シギチ

Comment 0

Leave a comment