南ぬ島石垣 夕刻の平田原水田を行く 2017.9.20






3年半振りの南西諸島出張





最初に訪れた石垣島は日帰りの強攻スケジュール





170922 (1)










17:00前に仕事を終えて、帰りのフライトまでに残された時間は僅かに数十分


石垣市内に近い淡水性シギのメッカ 平田原水田を捜索










ちょうど3期作目の田植えが済んだ頃か


水が張った水田にシギチの影が多数





優勢なのは ヒバリシギ と トウネン などの小型シギ





170922 (3)
ヒバリシギ 幼鳥










170922 (4)
トウネン 幼鳥










中型シギチの陰もちらほら





170922 (2)
ムナグロ 幼鳥










170922 (5)
ハマシギ 第一回冬羽に換羽中










そして、ここでも出会えた エリマキシギ





170922 (6)
エリマキシギ 幼鳥










何気にうれしかったのは近距離でも逃げることがなかった クサシギ





170922 (7)
クサシギ 幼鳥










2羽の コアオアシシギ は明らかに羽色パターンが違う





170922 (8)
<左> コアオアシシギ 成鳥 冬羽 / <右> コアオアシシギ 幼鳥










畦の草むらからひょっこり顔を出していた ジシギ


オオジシギ っぽい?かな??





170922 (16)
オオジシギ (?)










シギチ 以外ではアジサシの仲間が2羽


大先輩に伺ったところ クロハラアジサシ らしい


カッコイイ鳥だけど、あいにく興味の範囲外





170922 (10)










170922 (11)
クロハラアジサシ










サギの仲間も多いが、識別はよく分からない


ただでさえいわゆる シロサギ たちの識別が苦手なのに…


南西諸島には クロサギ の白色型個体なるものも多く、お手上げ状態





170922 (12)
???










これもおそらく なんとかセキレイ…


キセキレイ なのか?





170922 (9)???










最後にやっぱり水田エリアには セイタカシギ がよく似合う


広範囲に渡って点在していたが、合わせれば20羽以上いたと思う





170922 (13)










170922 (14)










170922 (15)
セイタカシギ










駆け足で廻った平田原水田エリア


じっくり廻ればさらなる出会いが期待できそうな雰囲気満点





しかしスマホのアラームが車中に響いて、残念ながらここでタイムアップ










日没時刻のフライトで いざ次なる島へ










関連記事

Tag: シギチ

Comment 0

Leave a comment