淡水性シギのホットスポット 愛知西部 田園エリアを行く 2017.10.8






久しぶりのバードウォチングはなにかと賑わうと田園エリアへ





ポイントに近づくにつれ朝霧が一帯を包む


バードウォチングには厳しい状況だが、その分フォトジェニックな画が撮れそう…





171008 (1)










171008 (2)










今季 初見の モズ はちょうど蛙をはやにえ中





171008 (3)
モズ










目撃情報のあった ツルシギ は近距離ながら逆光サイド


それでもシルエットがカッコイイ…





171008 (4)
ツルシギ










なんとか順光サイドにいてくれたのは 3羽の セイタガシギ





171008 (5)





霧が晴れるのを待ちつつ広い農道に車を停めてコンビニコーヒーで一服


すると脇の蓮田に セイタガシギ がランディング!


先ほどの3羽が追いかけて来てくれたようだ





171008 (6)
セイタカシギ










コーヒーを飲み干す頃には朝霧は消え去っていた





収穫を終えたばかりと思われる蓮田には多数のシギチの影


一番近くにいたのは タシギ たち





171008 (7)





なかに タシギ 以外のジシギが混じっていないか注意深く観察していると


『我々は タシギ ですよ』と言わんばかりに、尾羽を全開で見せてくれた





171008 (8)
タシギ










別の蓮田で出会った1羽のシギ


最初は ウズラシギ かと思って数枚撮影





171008 (9)





撮った写真をモニタでチェックすると、胸の模様が一様で白い腹とくっきり区切られていることに気付く…


!!


これは アメリカウズラシギ ではっ!?





171008 (10)





順光ながらそれなりの距離があったため、長期戦覚悟で近づいてくれるまで待機


しかし30分くらい待っても大きな動きなし





気付けば後ろにバーダーさんの車が1台


ご挨拶がてら アメリカウズラシギ であることを再確認





171008 (11)










171008 (12)










171008 (13)
アメリカウズラシギ 幼鳥










人が増えると近づいてくれそうにもない雰囲気だったので、私はここで切り上げ










今回 出会えたのは


ケリ、コチドリ、トウネン、ヒバリシギ、オジロトウネン、アメリカウズラシギ、ツルシギ、アオアシシギ

タカブシギ、タシギ、セイタカシギ の11種










今秋 例年にない賑わいをみせる愛知西部 田園エリア


アメリカウズラシギ の登場で主だった淡水性シギはほぼほぼここを通過していったのではないか


残るは オオハシシギ が来てくれれば淡水性シギをコンプリート?










関連記事

Tag: シギチ

Comment 0

Leave a comment