淡水性シギのホットスポット 愛知西部 田園エリアを行く 2017.11.4






連休2日目は1ヶ月ぶりの訪問となったいつもの田園エリア





水が残る水田に5羽の ハマシギ





171104 (1)





そのうちの1羽がすぐ目の前にランディング


ハマシギ 史上最も近いか!





夏羽残る冬羽に換羽中の成鳥個体でOK?





171104 (2)
ハマシギ 成鳥 冬羽に換羽中










近くの蓮田には ウズラシギ 幼鳥が1羽





171104 (4)





嘴がやや奇形っぽい?





171104 (5)
ウズラシギ 幼鳥










オジロトウネン は4箇所で出会え、延べ9羽をカウント


ただ何故かそのほとんどが逆光サイド


どこも近かっただけに残念…





171104 (6)
<手前> オジロトウネン 第一回冬羽(?) / <奥> オジロトウネン 成鳥 冬羽(?)










最後になんとか順光サイドで1羽





171104 (7)
オジロトウネン 成鳥 冬羽










ウズラシギ のいた蓮田に戻ってみると、トウネン っぽい1羽の小型シギ





171104 (8)





しかし、トウネン にしては脚が長い気がする…





171104 (9)





ヨーロッパトウネン でよさそうな感じもしたり…しなかったり…





171104 (10)
ヨーロッパトウネン 幼羽(?)










帰り際に出会えた今季初認の タゲリ が4羽





171104 (11)
タゲリ 成鳥










この他には ケリ、コチドリ、タカブシギ が多数、クサシギ が少々


再会を願った ヒバリシギ には振られたものの


越冬が期待できるこの時期にこれだけの種が残ってくれている


あとは オオハシシギ come on!!










2017.11.7<追記>





その後 同時期&同じ場所で先輩方より ヨーロッパトウネン の目撃情報が数件寄せられているようだ


私が出会った個体も ヨーロッパトウネン で間違いないと思われる









関連記事

Tag: シギチ

Comment 0

Leave a comment