三河湾最大の干潟 一色干潟を行く 2017.11.5






連休3日目は朝から一色干潟へ





海上を飛び交う ハマシギ の群れ





171105 (1)










171105 (2)





沖に出現した瀬にランディング





雰囲気はいい…でも遠すぎ…





171105 (3)





と思ったら、群れの一部が手前の干潟にやって来てくれた





171105 (4)










171105 (5)
ハマシギ










いつもの池に セイタカシギ たちの姿はなく、少しポイントを変えて海岸線を捜索





消波ブロックで休む ダイゼン と ムナグロ の群れに遭遇


なかなか興味深い混群だ





手前の個体はなんとか後趾を捉えることができた





171105 (6)
ダイゼン 幼鳥










同じ消波ブロックでも先の方は一見して黄色味が強い個体が多い


ムナグロ だと思うが、なかには ダイゼン と中間色のような個体も数羽…


この2種を外見だけで識別することは危うい


ただ距離もあって後趾を確認することもできず、もう一つの識別ポイントである脇羽を狙って待機





171105 (7)





ハマシギ の小群が飛来したのを機に、そのうちの1羽が白い脇羽を見せてくれて


なんとか1羽は ムナグロ だと確信できた





171105 (8)
ムナグロ 第一回冬羽に換羽中










11月に入ってさすがにシギチ秋の渡りシーズンも終りだろうが、 渡りの遅い ハマシギ のシーズンはむしろこれから


やっぱり冬の海には ハマシギ の群れがよく似合う










関連記事

Tag: シギチ

Comment 0

Leave a comment