FC2ブログ

とある時 とある場所にて ヤマシギ との出会い






山中に生息し夜行性で擬態のスペシャリスト ヤマシギ


ジシギのなかでも個体数の割には出会うのが難しい種とされる所以だ





朝早くポイントに着いて一帯を捜索するも気配なく


現地でお会いした地元のバーダーさんと手分けして捜索範囲を広げる




20分ほどが経過しただろうか、林の奥から発見の知らせが届く





小走りで向かうと、木陰で佇む ヤマシギ が1羽!





すみません…私 ココ…朝一で一往復してました…


そこにいる…と教わって探すとなんとか見つけることができるが


体羽が保護色となっていて周囲の落ち葉と完全に同化


今の私の眼力では第一発見者になることは到底無理そう









1801031 (1)










警戒心が薄いのか鈍感なのか、近くで観察しても逃げる様子はない


擬態の上手い生物は逃避よりあえて動かないことを選択することがあるらしいから、ヤマシギ もそうなのだろうか


おかげで一定の距離を保ちつつ、じっくり観察できた











1801031 (15)










ということで本記事の写真はすべて <APS-C 500㎜(FX換算 約750㎜)ノートリ画像>










1801031 (19)










特徴的な頭部に並ぶ4つの黒斑


ヤマシギ に出会えたという実感が湧く










1801031 (17)










1801031 (18)










対峙して10分くらい経過しても全く動きなし





途中 車へ三脚を取りに行って戻ると


少しリラックスできたのか、ようやくちょっとだけ動いてくれた










1801031 (20)










1801031 (21)










1801031 (22)










1801031 (23)










1801031 (24)










1801031 (25)










そして、またすぐに休息










1801031 (26)










今回の ヤマシギ との出会いは 大先輩バーダーさんからのアドバイスと地元バーダーさんのご協力なしには叶わなかった





皆様に感謝!










1801031 (16)ヤマシギ










年明け早々 2018年 1種目のライファー


出会うのが難しいとされる ヤマシギ を先輩方のご厚意により シギ・チドリ類 LIFE LIST 49th として刻むことができた





これで年始に立てた目標のシギチ LIFE LIST 50種まであと1種





あとは アオシギ との出会いが叶えば、不得手な山中の探鳥に一区切りつけれるのだが…










関連記事

Tag: シギチ

Comment 2

2018.01.16
Tue
14:00

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/01/16 (Tue) 14:00 | REPLY |   
2018.01.16
Tue
22:12

jm1999  

鍵コメさん こんばんは。

ヤマシギ… やりました!

想像以上に大きくて驚いたと同時に、この大きさでも気付かず間近を通り過ぎていた自分にガッカリ…
それでも楽しい時間を過ごすことができました~

2018/01/16 (Tue) 22:12 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment