FC2ブログ

アカアシシギ を求めて 西三河エリアのとある河川敷を行く 2018.3.3






今年もいつものポイントで アカアシシギ たちは越冬してくれているだろうか…





期待と不安を胸に抱きながら捜索すると、導流提に佇む2羽を発見!


しかし、30m以上の距離と強烈な逆光下では全く画にならない…





車中で1時間ほど待機


少しづつ潮が引きはじめ辺りに干潟が姿を現す


ふと目を離した隙に2羽を見失ったと思ったら、いつの間にか対岸に飛び移っていた


慌てて車を対岸の堤防へ進めると、うまく順光サイドに廻り込むかたちとなった





180303 (1)





ここで アカアシシギ たちと出会うのは4年連続


2015年…3羽、2016年…4羽、2017年…4羽


そして2018年は2羽 を確認!





180303 (2)





例年より少ないのが少し気がかり…





ただ アカアシシギ はレア種までとはいえないものの、元々そう簡単に出会える種ではない


こうして毎年 同時期、同じポイントで観察できるという恵まれた環境に感謝





180303 (3)





2羽のうち脚の赤みが薄い方は幼鳥だろう





180303 (4)





毎年 小群に幼鳥が1羽混ざることで、この地が彼らの越冬地として継承されているのでは…と


勝手な想像をめぐらしてみる





180303 (5)





実はこのポイントも一昨年からの津波対策の堤防工事により、護岸の干潟は大きく減少してしまった


それでも健気に再訪してくれる アカアシシギ たち










180303 (6)










180303 (7)
アカアシシギ 成鳥 夏羽に換羽中










180303 (8)










180303 (9)
アカアシシギ 第一回夏羽に換羽中










例年 彼らは3月下旬には北の繁殖地へと旅立ってしまい


残念ながら、いつも完全夏羽の姿を拝むことができないでいる










180303 (10)










それでも彼らの旅の無事を祈りつつ


また一年後 この地で再会できることを楽しみに…









関連記事

Tag: シギチ

Comment 0

Leave a comment