FC2ブログ

淡水性シギのホットスポット 愛知西部 田園エリアを行く 2018.3.18






そろそろシギチ春の渡りの先発隊が飛来してもいい時期


ツルシギ や エリマキシギ あたりとの出会いを期待して、約3ヶ月ぶりに田園エリアへ出向く





途中 情報をいただいていた タマシギ のポイントに立ち寄ってみる


タマシギ はハンドブックでも留鳥とされているが、観察頻度から個人的には夏鳥のイメージ


そんな彼らとこの時期に会えるとなれば、貴重な冬羽が拝めるかもしれない





二番穂の陰に身を潜める タマシギ のファミリー (だと思われる)


今回 確認できたのは4羽





もっとも開けた場所にいてくれた1羽





180318 (1)










180318 (2)





胸の色が濃くややエンジ色がかっている気がする


♀個体の成鳥冬羽 でOK?





180318 (6)










180318 (7)
タマシギ ♀ 成鳥冬羽










そのすぐ手前で見え隠れする個体は結局 全身を拝めず


ただ肩の羽模様から タマシギ なのは間違いない










他の2羽は寄り添うように就寝中


10分以上粘って、ようやくそのうちの1羽が目を覚ましてくれた





眼の周りが白くて、胸の色も淡く赤みがない


♀個体の第一回冬羽でいいと思う





180318 (3)










180318 (4)










180318 (5)
タマシギ ♀ 第一回冬羽










残りの1羽も終始 後頭部しか確認できず、残念ながら4羽中2羽は雌雄&年齢識別までいたらなかった










いつもの田園エリアでは水が張られた田圃が多く、期待値は上がったものの


出会えたの タシギ ばかり…一区画に20羽近くが集まっていた





180318 (9)
タシギ










もう一つのターゲットは 夏羽の タゲリ だったのだけれど、残念ながらその影もなし


代わりに ケリ は多数





180318 (10)
ケリ










2週間前から捜索している ハジロコチドリ も一向に気配がない


なんとか再会して夏羽への換羽状況を観察したいのだが、さすがにもう抜けたのかもしれない










各所からシギチ春の渡りの便りが届くようになった今日この頃


仕事にバードウォチングにサッカーにガンプラ…


いよいよ公私共に忙しい数か月が始まる









関連記事

Tag: シギチ

Comment 0

Leave a comment