FC2ブログ

淡水性シギのホットスポット 愛知西部 田園エリアを行く 2018.4.21






今朝も早起きして2週間ぶりの田園エリアへ





毎年 ムナグロ の群れが飛来するという畑


今季もざっと30羽近く


夏羽に換羽中の個体がほとんどだが進行具合はさまざま





180421 (1)










180421 (2)
ムナグロ 夏羽に換羽中










ムナグロ や ダイゼン は雌雄同色だと分かっていても


ついつい♀個体だと勘違いしてしまいそうな冬羽が多く残る個体


眼つきも違って見えるから不思議





180421 (3)
ムナグロ 夏羽に換羽初期










タシギ は各所で20羽ほど見たか


1羽1羽 タシギではない可能性を探りながらの対峙


先日参加した ジシギ識別の講習会によると、春の渡り時期は秋よりも識別難易度が高いらしい


さすがに疲れる…





180421 (5)
タシギ










そして大先輩のおかげでようやく出会いが叶った ツルシギ


出会いがしらは10m弱の近距離順光!





麗しい一本足での立ち姿





180421 (6)





しかし、さすがにこの距離では緊張感に耐えきれず





180421 (7)





すぐに飛ばれて…





180421 (8)





ブロックの最奥へ…





180421 (9)





さて問題の雌雄&年齢識別は…


腹部の黒色のベタ具合から ♂個体の夏羽に換羽中 でOK?





180421 (10)
ツルシギ ♂ 夏羽に換羽中(?)










一帯の蓮田からは美しい朱色の新芽が展開し始めていた


夏羽のシギチたちの撮影舞台は整いつつある





180421 (11)










トウネン、ウズラシギ、エリマキシギ …


Come on!









関連記事

Tag: シギチ

Comment 0

Leave a comment