FC2ブログ

三重県下屈指のシギチ飛来地 雲出川河口エリアを行く 2017.4.27






今日は振休とって帰省がてら雲出川河口エリアと出向く





沖へと長く伸びた浜に100羽近い ミヤコドリ





180427 (1)





ここでは当たり前の光景


そして、ずっと残しておきたい貴重な光景





180427 (2)
ミヤコドリ










いつもの池では夏羽纏った赤い オオハシシギ たちが残っていてくれた





180427 (3)
オオハシシギ 夏羽










その奥には真っ黒な夏羽の ツルシギ


さらには夏羽に換羽中の アオアシシギ と 今季初認の キアシシギ たち





180427 (4)
ツルシギ 夏羽










アオアシシギ の換羽状態は個体差が激しい





180427 (5)
アオアシシギ 夏羽に換羽中










別の干潟まで車を進めると、大小のシギチが入り混ざった大きな群れと遭遇


ハマシギ、ダイゼン、アオアシシギ、キアシシギ、チュウシャクシギ、ホウロクシギ etc.





180427 (6)





この日 大型シギは ホウロクシギ ばかりで、ダイシャクシギ は見当たらず





180427 (7)
ホウロクシギ










川の中央に現れた干潟に赤いシギを発見


目撃情報のあった コオバシギ 夏羽個体の群れだ!


私のカウントでは9羽





180427 (8)





ずっと会いたかった コオバシギ 夏羽個体! しかも群れ!


コオバシギ は日本に飛来するシギのなかでも、最も赤くなる種のひとつだろう


おかげでたとえ遠くても、たとえハマシギの群れに混じっても 見つけるのは難しくない





180427 (9)
コオバシギ 夏羽










少し河口側に進むと20羽ほどの オオソリハシシギ


すぐ手前で羽繕いに忙しいのは♀個体の夏羽と冬羽個体





180427 (10)
オオソリハシシギ ♀ 夏羽&冬羽










オオソリハシシギ と対峙したときは 亜種 コシジロオオソリハシシギ を意識するようにしている


しかし、こういうときに限って飛んでくれなかったり、飛んでくれても肝心の腰がみえなかったりと


いつものようにバードウォッチングはままならない





180427 (11)










河口付近にポツンと佇む アマサギ が1羽


アマサギ も今季初認





180427 (12)
アマサギ










田植えが終わったばかりの田圃で チュウシャクシギ が休息中


鴫(シギ)という漢字からも想像できるように、シギ at 田園 は実に画になる





180427 (13)
チュウシャクシギ










日も傾き始め、最後に立ち寄った海岸


出会えたのは30羽近くの メダイチドリ の群れ


なかに オオメダイチドリ がいないかと1羽1羽チェックするも見つからず…





180427 (14)
メダイチドリ ♂ 夏羽










その代わりこちらも今季初認の トウネン が数羽





180427 (15)
トウネン 夏羽










駆け足で廻った雲出川河口エリア


キアシシギ、チュウシャクシギ の数がぐっと増えて、シギチ春の渡りがピークを迎えつつあること実感できた





今日はあくまで明日の鳥見に備えてのロケハン


さて明日はどんな出会いが待っているか…










関連記事

Tag: シギチ

Comment 0

Leave a comment