FC2ブログ

ジシギ類を求めて 内陸の田園エリアを行く 2018.8.14






連日のジシギ捜索


昨日より広範囲にバラけている様子だが、延べ8羽確認


ただほとんどが遠距離&草被りで、とても尾羽を観察できるシチュエーションではない





180815 (6)










180815 (5)










一羽だけワンチャンス!





180815 (2)





モニタを確認したとき、一瞬 針尾か!!とドキッとしたが…角度の問題だった





180815 (3)










別の休耕田では2羽並んで佇む





180815 (7)





しばらくすると、畦の方に移動


雨覆にサブターミナルバンド…幼鳥でOK?





180815 (8)






ブルブルと身を震わして羽繕いをし始めた…尾羽全開の期待が膨らむが





180815 (10)





広げてくれたのは翼のほう…残念!!


これが成鳥であれば、初列風切りの換羽具合でオオジシギかチュウジシギ(もしくはハリオシギ)か識別できるらしいのだが…


それでも翼下面が暗色でタシギではないとこは分かった





180815 (9)










ジシギの飛来シーズンはこれからが本番


チュウジシギ の決定的な識別ポイントを目にするまで、今秋はとにかくジシギ










関連記事

Tag: シギチ

Comment 0

Leave a comment