FC2ブログ

淡水性シギのホットスポット 愛知西部 田園エリアを行く 2018.9.1






徐々に賑わいをみせ始める田園エリア





身の丈ほどに生長した蓮畑のなか、隠れるように点在する休耕田を探す





180901 (1)





すると アオウキクサが繁茂した区画に小型シギたちが 集まっていた





タカブシギ 4羽 と





180901 (2)
タカブシギ 幼鳥(?)/ タカブシギ 成鳥 夏羽(?)










小さくてかわいい ヒバリシギ が1羽





180901 (3)










180901 (4)
ヒバリシギ 幼鳥










そして トウネン っぽい個体が2羽





すぐ近くの個体は トウネン でよさそう





180901 (5)










180901 (6)










180901 (7)
トウネン 幼鳥










もう1羽の奥の個体は 雨覆の羽色がちょっと気になる


もしかして ヨーロッパトウネン (?)





180901 (8)
ヨーロッパトウネン 幼鳥(?)










いつの日か ヨロネン と トウネン を識別できる鳥見眼を身につけたい










エリア一帯には タシギ が多数…ここ1週間で一気に増えた印象


タシギ の渡りが本格化してくると、ジシギ探鳥は難易度が上昇する


8月に チュウジシギ と巡り合えて本当によかった…





180901 (10)
タシギ










今日のシギチウォッチングで一番の 驚きだったのは、とある蓮畑で出会った ソリハシシギ


淡水域で ソリハシシギ に出会ったのは初めてかもしれない!


距離があってサブターミナルバンドまでは拝むことができないが、胸元の羽色から幼鳥でOK?





180901 (11)





帰宅後 ハンドブックで改めて分布をチェックすると『淡水域では少ない』との記載


やはり、ソリハシシギ &蓮畑 の組み合わせはそれなりに珍しいのだろう…





180901 (12)
ソリハシシギ 幼鳥










その他には コチドリ、アオアシシギ、クサシギ、タカブシギ が各所で観察できた





目撃情報のあった素敵な2種との出会いは叶わなかったものの


淡水生シギたちの渡りを実感するには十分な個体数だった










関連記事

Tag: シギチ

Comment 0

Leave a comment