FC2ブログ

三河湾最大の干潟 一色干潟を行く 2018.9.22






待ちわびた今回の3連休はシギチウォッチング三昧の予定


まだ暗いうちに目が覚めて、そのまま2ヶ月振りの一色干潟へと出向く





ポイントの堤防に到着したのはちょうど日の出時刻


天気は雨


当然 朝日は拝めないが、東の水平線には薄雲のなか田原の工業地帯が浮かび上がる





180922 (1)










満潮時刻を過ぎたばかりで、干潟は現れていない





消波ブロックを1本1本チェックしていくと、数羽の ダイゼン に遭遇





180922 (2)
ダイゼン 成鳥 冬羽に換羽中










そして ダイゼン に寄り添うように休息中の気になる個体!


太い過眼線から一瞬 キリアイ かと思ったが、違う…もちろん ハマシギ でもなければ、トウネン でもない…





180922 (3)





もしかしたら、これは初見の レアシギ なのかっ!?





180922 (4)





興奮気味に100枚近く連写!!





180922 (5)





しばらくすると、謎の個体は砂浜に降りて波打ち際を走りはじめた


んっ??どこかで見慣れたその光景…


一色干潟では初見…遅ればせながら ミユビシギ だと気付くことができた





180922 (6)
ミユビシギ 幼鳥










堤防の真下には イソシギ、メダイチドリ、シロチドリ たちがちらほら





小さな体をすくめ雨に耐える姿が愛らしい





180922 (9)
イソシギ 幼鳥










180922 (10)
シロチドリ 成鳥










180922 (11)
シロチドリ 幼鳥










180922 (7)





あっ!睨まれたっ!





180922 (8)
メダイチドリ 幼鳥










カワウマンションのある池に移動すると、杭の上に アジサシ が1羽


おそらく、なんとかハラアジサシ





180922 (12)
???










シギチの数は多いものの、どれもいかんともしがたい距離





もっとも遠かった アオアシシギ 7羽 & コアオアシシギ 1羽 の混群





180922 (13)
アオアシシギ / <右> コアオアシシギ










ハマシギ & トウネン の混群に羽色のコントラストが強い小型シギが1羽


最初は目下 猛勉強中の ヨロネン を疑ったが、脚の色から ヒバリシギ でよさそう





180922 (14)
<左> ヒバリシギ / トウネン 幼鳥 / ハマシギ 幼鳥










この池で繁殖を繰り返している セイタカシギ たち


広い池に分散していたため全部で何羽いるのかカウントに難儀していたところ、なぜか一時 皆が一か所に大集合


うまく1枚の写真に収めることができた…全部で56羽?





180922 (15)
セイタカシギ










唯一 私のレンズの射程範囲にいてくれたのは、手前の葦原から姿を現した ツルシギ


ツルシギ は今秋は初認





180922 (16)










180922 (17)
ツルシギ 幼鳥










再び堤防まで戻ってくると、すっかり潮が引いて沖から伸びる長い瀬が出現





180922 (18)





このシチュエーションなら彼がやって来てくれるはず…





その読みは見事 的中!!





180922 (19)





今日のメインターゲット ダイシャクシギ が遥か沖から瀬を伝って近づいてくる






180922 (20)





そして最後はいつものこの場所でブレクファストタイムに突入





180922 (21)





雨にも負けず早起きした甲斐あって





180922 (22)





My favorite シギ ダイシャクシギ と 1 on 1 で近距離でじっくり対峙できた





180922 (23)
ダイシャクシギ 成鳥










今回 出会えたのは


ケリ、ダイゼン、メダイチドリ、シロチドリ、トウネン、ヒバリシギ、ハマシギ、ミユビシギ、ツルシギ、コアオアシシギ、

アオアシシギ、クサシギ、キアシシギ、イソシギ、ダイシャクシギ、チュウシャクシギ、セイタカシギ の17種





シギチ 秋の渡りも幼鳥が多くなり後半戦に突入した模様





さて明日&明後日の探鳥で何種のシギチに出会えるか…


期待半分不安半分










関連記事

Tag: シギチ

Comment 0

Leave a comment