FC2ブログ

三重県下屈指のシギチ飛来地 雲出川河口エリアを行く 2018.9.24 ②






何もいなくなった池を発って、海岸線沿いに東へと捜索範囲を広げるも見事に空振り





軽くブランチをとってからそそくさと河口へとUターン


干潮時刻間近とあって、眼下には広大な干潟が広がっていた





180924 (19)










消波ブロックの陰で チュウシャクシギ、キアシシギ、キョウジョシギ の幼鳥たちがお出迎え





チュウシャクシギ の幼鳥は今まで意識したことがなかったが


現地でお会いした親切な先輩バーダーさんに識別ポイントをレクチャーいただいた


フレッシュな幼羽は確かにストライプ模様にみえる





180924 (21)
チュウシャクシギ 幼鳥










180924 (20)
キアシシギ 幼鳥










180924 (23)
キョウジョシギ 幼鳥










それにしても やけに鳥影が少ないのは、上空を飛び交うコレのせい?





180924 (26)










一旦見切って対岸へと移動





砂浜から無数に突き出る物体はマテガイか??





180924 (24)










180924 (25)










ここでも キョウジョシギ 幼鳥が4-5羽


潮干狩リスタがすぐ近くにいても我関せずの様子…


鳥たちのパーソナルスペース、対人危機の距離感はいつもながら不思議





180924 (27)










ミヤコドリ たちもこちらに移ってきてくれたようだ


なかなか画になるシチュエーション





180924 (28)










180924 (29)










180924 (30)










最後は本日 三度目の河口捜索





15羽ほどの トウネン と近距離順光下で遭遇





180924 (31)










よし! 勉強中の識別ポイントを踏まえたうえで、満を持して ヨロネン チェックタイムに突入





この個体は典型的な トウネン 幼鳥





180924 (32)





この個体も典型的な トウネン 幼鳥





180924 (33)





中央は軸斑がやや濃いめだけど トウネン 幼鳥


右は典型的な トウネン 幼鳥





180924 (34)





中央は典型的な トウネン 幼鳥


右は軸斑がやや濃いめで背中にV字がうっすらありそうだけど…まあ トウネン 幼鳥





180924 (35)





群れのなかでもっとも軸斑が黒っぽかった個体


でもまあ嘴も足も細長くはみえないので おそらく トウネン 幼鳥





180924 (36)










ということで、この群れに ヨロネン もそして ヘラシギ もいなかった…と決着をみた





ヨロネン 幼鳥の識別で羽色のコントラストで意識するとどうしても羽色の濃い トウネン が ヨロネン に見えてしまいがち


また、それを疑い始めると今度はすべてが トウネン に見えてしまいがち


修業は続く










Last Shot は安心の典型的な トウネン 幼鳥 を縦構図で締める




180924 (37)
トウネン 幼鳥










8時間にも及ぶ大捜索の甲斐なく メインターゲットのレアシギとは出会いは叶わず


堤防には多くの県外ナンバーの車が並んだが、皆さんから落胆の表情が浮かぶ





いつものようにバードウォチングはままならない


でもそれが楽しいのだ!と自分に言い聞かせて帰路に就いた










関連記事

Tag: シギチ

Comment 0

Leave a comment