FC2ブログ

ヒシに覆われる いつもの公園 2018.9.30






台風接近で鳥見を諦めていた今朝


しかし目が覚めると意外にも穏やかな曇天


散歩がてら いつもの公園 を訪れる





今夏 外来種カメの個体減少と猛暑の影響によりヒシが大量繁茂していた池





1か月半ぶりに訪れてみると…


水面を覆っていた浮葉が急減





180930 (1)










180930 (2)










180930 (3)





浮葉が枯れるには時期的にまだ早すぎるし、水中に枯葉も残っていない様子





180930 (4)





対岸に目を向けると、池のなかへ進水するためのスロープが設置されいる


もしかしたら浮葉駆除作業の形跡??





180930 (8)










ヒシ自体は美しい在来種で決して悪者ではないが、なにごともバランスが大事





180930 (5)











悪者ではないという意味では、駆除対象となった外来種の ミシシッピアカミミガメ たちもしかりなのだが…





池の通常にあるカメ用の浮上式トラップ


甲羅干しで板の上に登ると、重みで傾いて生け簀のなかにカメが落ちる仕組み


生け簀の囲いは絶妙な曲面で落ちたカメは這い上ることができないらしい


シンプルな構造だが、労せずカメたちを一網打尽にできる





おそらく捕獲されたカメたちは在来種 or 外来種とで選別され、それぞれ違う未来を辿るのだろう…





180930 (6)










スロープの近くで繁茂する水草は





180930 (9)





これも駆除困難な厄介者 外来種の パロットフェザー


アクアリウムで育ててみると、あまりの生長の早さに驚かされる種だ





180930 (10)










カモの先発隊や コサメビタキ、ツツドリ などを期待して池の周りを3週するも


鳥影少なし





水鳥はトラップの上で羽繕いに熱心な アイガモ のみ





180930 (7)
アイガモ










小鳥はシジュウカラ と





180930 (11)
シジュウカラ










今季初認の モズ くらいだった





180930 (12)
モズ









関連記事

Comment 0

Leave a comment