FC2ブログ

スマート(?)なブラインシュリンプの沸かし方






新レイアウトに放ったラミレジィが早々に何度か産卵





普段は親魚任せで放置するのですが、


先週末 不意に孵化したばかりの稚児たちが手前の流木の上で戯れているのを発見


衝動的にエアチューブで吸い出していました





その後 サテライト なる商品を購入して稚魚を隔離


1週間が経過して自由遊泳を開始した稚魚たちのため


15-6年ぶりにブラインシュリンプを沸かしています






孵化後 約10日後の様子 










レイアウト水槽1本で いかにスマートにブラインシュリンプを沸かすのか…










一昔前の記憶をさかのぼって


当時 試行錯誤のうえ編み出した方法をなんとか再現できました





まずは洗濯バサミの取っ手の先の穴と500mlペットボトルの口元をビニタイでしっかり固定


エアチューブを差し込んだ口から塩飛びを防ぐためにフィルター用のウールを押しこみます


そして洗濯バサミを水槽のエッジに挟めばペットボトルを水槽内にしっかり固定できます











このとき 洗濯バサミの取っ手の先の穴とペットボトル内の水位の位置関係がミソ


一般的な洗濯バサミならペットボトル内の水位と水槽の水位がちょうど同じくらいになるはず





ペットボトル内の水位が水槽より低いと浮力が生じてペットボトルが横倒しに


逆にペットボトル内の水位が高いと洗濯バサミに負荷がかかります





これがまさにベストマッチの位置関係











ペットボトルの形状にもちょっとこだわっています





口先が細くすぼまった方がブラインシュリンプの卵がひっつきにくくより効率的


また表面に凹凸がない方がレイアウト水槽に入れても目立たず


孵化したブラインシュリンプも確認しやすい





これらの条件を満たすペットボトルをコンビニにでいろいろ物色した結果


2013.10月現在では


‘ Schweppes ’


が Best PET bottle for Brine Shrimp  に決定!!





なにより大人でも美味しくいただける!











ちなみに 現在は朝と夜の2回給餌のためにペットボトルを2本設置


それぞれ洗濯バサミの色を変えて朝用と夜用を識別できるようにしています










そして 週末には サテライト から MINI S 水槽へと引越しの予定









関連記事

Tag: My90P

Comment 1

2014.01.22
Wed
12:34

株  

No title

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!

2014/01/22 (Wed) 12:34 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment